調理福祉コース

●厚生労働大臣指定調理師養成校
●(社)全国調理職業訓練協会介護食士認定校

日本は、人口の高齢化が世界に類を見ないスピードで進んでおり、かつて無い超高齢化社会を迎えようとしています。2015年にはベビーブーム世代が高齢世代へ突入し、2025年には高齢者人口が3,500万人(3人に1人)になると言われています。高齢化が進む社会にあって福祉事業はますます多様化しています。そうした時代の中で、福祉の知識や技術をもった調理師への需要が高まっています。このコースでは、福祉調理に必要な専門知識や現場実習を通して、より実践的な技術を身につけます。

実践的な授業を展開するため、施設を訪問し実習を行ないます。

  • point 1

    1年間で4つの資格を取得可能
    ◎調理師 ◎介護職員初任者研修 ◎介護食士3級 ◎認知症ライフパートナー資格

  • point 2

    和・洋・中などの調理師+福祉分野での活躍もできる!

  • point 3

    福祉施設実習で現場力が身につく!

目指す職業
調理師/フードコーディネーター/ホテル・レストランサービス/調理師学校助手/ホームヘルパー /介護職員初任者研修修了者 他
就職先
介護老人福祉施設/集団給食(病院・学校・会社)/外食産業 他
取得可能な資格・検定
調理師免許証(国家試験免除)/介護食士3級(試験免除)/食品衛生責任者(卒業時)/技術考査(専門調理師、技能士の学科試験免除)/介護職員初任者研修修了者(旧ホームヘルパー2級)/認知症ライフパートナー資格/食育インストラクター/専門実践教育訓練制度(最大32万円)※資格取得後、1年以内に被保険者として雇用された場合は最大48万円に免除
社会人の方へ
本コースは、教育訓練給付制度(専門実践教育訓練)の対象になりました!
※詳しくはハローワーク(公共職業安定所)までお問い合わせください。
カリキュラム
・介護食実習・調理実習・作品制作・総合調理実習・集団調理実習・特別調理実習(鮟鱇・河豚・鼈・氷細工)・介護概論・食文化概論・衛生法規・公衆衛生学・栄養学・食品学・食品衛生学・調理理論・パソコン実習・課題研究・ビジネスマナー etc

福祉、病院、学校など活躍の場が広がる実習が中心のカリキュラム

  • 介護調理実習

    美味しさを損なわず、食べやすい料理を提供することはもちろんのこと、栄養や健康保持、増進、また疾病の治療や予防など、正しい食事を提供できるようにしっかり学びます。

  • 栄養学

    どのような食物をどのように摂取するのかを知り、健康を保持、増進させたり、疾病を治療し予防することができます。栄養素の機能、栄養生理を通して、正しい食生活の科学的根拠を学びます。

  • 集団(大量)調理実習

    病院や学校給食、社員食堂などの調理現場では同時間に同量、同温の料理を大量に提供します。そして、常に美味しい料理でなければならないということを認識し、思いやりのある料理を学びます。

  • 介護施設実習

    より実践的実習を展開するため、福祉施設、社会福祉法人等、施設を訪問し研修します。短期集中型の実践授業は必要な技能や姿態を問われ、自分を再発見できます。