一流に学ぶ!プロカメラマンから撮影テクニックを伝授してもらいました!

2018年05月31日

一流に学び、一流になる!

理容師・美容師の国家試験合格のための授業だけでなく、卒業後理容師・美容師として活躍するために必要なプラスαの実習授業を本校では実施しています。

今回は世界で活躍するもの凄いプロカメラマン「長岡秀文先生」によるスマホでできる撮影テクニックを伝授してもらいました。

理容師・美容師になるとヘアスタイルを撮影し、雑誌やお店の広告、ホームページに載せたりします。
そこでどのように撮影すればヘアスタイルとモデルを美しく見せられるのかを教えていただきました。

 

みんなとても楽しく学べたようです♪

学生たちはこの「長岡流写真術」を覚えたことで、また1歩一流へ近づきました!

理容師・美容師プラスαの技術が身につく本校でみなさんも一流の理容師・美容師を目指しましょう!

【長岡秀文先生プロフィール】

1971年生 東京工芸大学短期大学部画像技術科卒、広告制作会社・フィルムメーカーラボにて販売促進
企画プロデュース業を経て2003年フォトグラファー・アートディレクターとし独立。
ウエディングやポートレートにおいて一般のお客様をモデルの様に撮影する手法を編み出し、旧来の写真館業界の写真を一新させる。
全国述べ3000社の企業やクリエイターに向け講演、講師活動を行う。
スぺイン・バルセロナやフランス・パリ、アゼルバイジャンなどでの個展活動を行い2009にはWPPI(ウエディング&ポートレートフォトグラファーインターナショナルにて日本代表に選出される。
2011より写真術のメソッドを確立し、長岡流写真術アカデミー、NAGAOKAフォトアカデミーを宇都宮に開校。
北海道から九州まで第一線のプロカメラマンから美容、衣裳、デザイン、映像、WEB、広告、一般企業、学生まで幅広い人々が受講している。